映画

映画「男はつらいよお帰り寅さん」の動画配信状況は?豪華ゲストって誰なの?キャストやあらすじをご紹介

男はつらいよ お帰り 寅さん

お待たせしました、あの往年の名作、映画「男はつらいよ」シリーズの完全新作映画がやってきました。
その名も、映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」
もちろん、映画「男はつらいよ」シリーズでずっと主演を務めていた渥美清さんは亡くなっているので、寅さんが主人公ではありませんが、かつての寅さんの映像も楽しめる作品となっています。

それでは、映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」の作品概要や本作のフル動画を無料視聴できる動画配信サービスについてもご紹介致します。

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」の作品概要をチェック!

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のスタッフやキャストについての情報をご紹介していきたいと思います。
映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」

監督 山田洋次
脚本 山田洋次、朝原雄三
原作 山田洋次
出演者 渥美清、倍賞千恵子、吉岡秀隆、後藤久美子、前田吟、池脇千鶴、夏木マリ、浅丘ルリ子など
製作 深澤宏
音楽 山本直純、山本純ノ介(主題歌:渥美清「男はつらいよ」/オープニング:桑田佳祐)
公開日 2019年12月27日
上映時間 116分

本作は、渥美清さん主演で知られる映画シリーズ「男はつらいよ」の新作で、本作が記念すべき寅さんシリーズ50作目となる作品です。
なんと、映画「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」以来22年ぶりの完全新作となっています。

後程ご紹介する予告編を見ていただくとわかりますが、過去の映像もたっぷり含まれていますのでお楽しみに!

シリーズ史上初めて全編デジタルHD撮影となっているので、今までとはちょっと違った雰囲気の映像になっているのも見ものです。

そして、本作で注目すべきポイントは、何といっても、F1レーサーとして知られるジャン・アレジを夫(事実婚)にもつ後藤久美子が久々にスクリーンに登場していることです。

これは公開前からかなり話題となっていましたよね

10代、20代の頃と同じく、国民的美少女は変わらず美しい姿をスクリーンでも見せてくれています。

それでは、お待たせいたしました!
映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」の予告編をご覧いただきましょう。

そして、本作で主題歌「男はつらいよ」を歌ったのが、桑田佳祐さんです。

メイキング映像がありますので、ぜひこちらもご覧ください!

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のフル動画配信状況をチェック!

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のフル動画はどこの動画配信サービスで配信されているのかをチェックしていきましょう。

動画配信サービス名 月額料金 レンタル料金
U-NEXT 1,990円 550円
Amazonプライム 500円 500円
TSUTAYATV 933円~ 500円
music.jp 500円~ 440円
ビデオマーケット 980円 440円
dTV 500円 400円~(税別)
hulu 933円 550円
楽天TV (プレミアム)2,149円(税込) 440円
Paravi 925円 500円(税別)
FODプレミアム 888円 500円
TELASA 562円 500円(税別)

※上記は2020年9月現在の配信状況となっていますので、予告なく変更されることがありますのでご了承ください。

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のフル動画は2019年の新しい作品ということもあって、どの動画配信サービスでも有料コンテンツ、つまり課金しないと視聴できないことがわかりました。

しかし、本作を無料視聴できる動画配信サービスが実はあるのです!

動画配信サービスは安全に利用できて、様々な作品を楽しめることはわかっていても、月額料金を払ったり、今回のように有料コンテンツの場合、課金しなければいけないことにネックだと思っている方は多いでしょう。
しかし、月額料金もコンテンツ料金も課金する必要なく本作が見られるのです。
それが、U-NEXTです。

それでは、次項にてU-NEXTを使って映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のフル動画を無料視聴する方法をお伝えしていきます!

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」をU-NEXTで無料視聴する方法

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」は、U-NEXTを利用すると、なんと無料視聴することができます。
それでは、利用方法を見ていきましょう。

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のフル動画をU-NEXTで無料視聴できる仕組みをまずはお伝えしますね。

まずはこちらをご覧ください
U-NEXTの特徴
月額料金 1,990円(税別)
収録作品数 20万本以上(その内の18万本以上が見放題!)
ポイント 毎月1,200ポイント付与(初回600ポイント付与)
無料トライアル期間 31日間
視聴可能なもの 映画、ドラマ、バラエティ、音楽、マンガ、雑誌、小説など
ダウンロードの可否 可能
1アカウントの登録数 1アカウントに対して4つのディバイスで登録が可能
ここで注目していただきたいのが、ポイントの部分です!

そう、U-NEXTに新規登録するだけで31日間の無料トライアル期間がついてくるだけでなく、同時に600ポイントもプレゼントされるのです。

感の良い方ならもうお分かりですよね?

もらった600ポイントを利用して映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のフル動画を購入すれば本作を無料視聴できるというわけです。

簡単に流れを説明しましょう

1.U-NEXTへ新規登録する
クレジットカード情報などが必要となるのでご準備を!
2.ログインして映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のフル動画を600ポイントで購入する
3.他にも見たい作品があれば視聴しましょう
※映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」を購入後、50ポイント余るので、余ったポイントにいくらか課金してお得に有料コンテンツを楽しむこともできます
4.31日間の無料トライアル期間内にU-NEXTを解約する

しかも、U-NEXTには20万本以上の作品があり、その内の18万本が見放題なんです!

この意味がお判りでしょうか。
つまり、収録作品のほとんどが見放題なので、無料トライアル期間中に映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」以外の作品も無料でたくさん楽しんでいただけるのです。
ですから、この機会をお見逃しなく、ご利用ください。

しかし、継続利用する気がない方は次の点にご注意ください

U-NEXTの無料トライアル期間は31日間ですが、31日以前に解約すると、その時点で無料トライアルは終了します。
フル動画生活を楽しみたい方はギリギリまで解約しないことをおすすめします。
しかし、1日でもトライアル期間を経過してしまうと、自動的にチャージされてしまうので、ご注意ください。

もちろん、継続利用してもOKです!本会員になれば、毎月1,200ポイントもらえるので、有料コンテンツをもっと見ることができますよ

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」をdailymotionやPandoraなどで見るリスク

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のフル動画はU-NEXTで安全に、しかも、無料視聴できることはわかりましたよね。
しかし、dailymotionやPandoraなどの無料フル動画がアップされていたら無料で、登録手続きも不要だから利用しようと思っている方は危険です。

無料動画サイトにアップされた映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のフル動画は違法にアップされた可能性が高く、違法動画を視聴することも間接的な違法行為となります。

これでもまだ無料動画サイトを利用したいと思う方にもっと怖いことをお伝えします

違法動画には偽の広告がポップアップされるのはご存知ですよね。
偽の広告がディバイスをウイルスに感染させ、個人情報が漏洩するリスクもあるのです。
ですから、無料動画サイトを利用して映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」の視聴は勧めませんが、それでも見たい方は、自己責任の上でご視聴ください。

ただし、YouTubeでは安全に映画のフル動画を楽しんでいただく方法もあります。
YouTubeでは人気作品を有料でレンタルか購入できますが、本作は対象外となっています。

しかし、わざわざお金を払わなくても、ご紹介したU-NEXTを利用すれば映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」を安全に無料視聴できるので、ぜひご利用ください。

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」の登場人物と俳優陣をご紹介!

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」に出てくるキャラクターやおなじみの俳優陣をご紹介していきたいと思います。

車寅次郎役(渥美清)

車寅次郎
通称・「フーテンの寅」、みんなからは寅さんや寅ちゃんと呼ばれて親しまれている。
テキヤ家業を生業としており、何かハプニングがあってはすぐに故郷の柴又に戻ってきて、何かと大騒動を起こしていく。
恋多き男性でもあり、各作品に「マドンナ」がおり、マドンナに惚れては逃げてしまったり、成就しないこともある。
渥美清という芸名もよく知られていますが、何より、「寅さん」の愛称で親しまれていた名俳優ですよね。
亡くなったのが1996年なので、既に25年ほど経ちますが、今でも、「寅さん」として多くの方に愛されている方です。

ちなみに、渥美清さんも東京都台東区出身なんですよ!
諏訪さくら役(倍賞千恵子)

諏訪さくら
寅さんの妹(ただし、腹違いの妹なので寅さんと血はつながっていない)で、満男の母、そして、ユリの祖母。
今ももちろん柴又に博と暮らしており、孫のユリもよく顔を出す。
映画「男はつらいよ」シリーズだけでなく、多岐にわたり長年活躍する大女優の倍賞千恵子さんは、映画「ハウルの動く城」で声優を務めたことでも話題となりました。

諏訪満男役(吉岡秀隆)

諏訪満男
本編における主人公。
寅さんの甥っ子で、さくらと博の息子で、以前はサラリーマンとして働いていたが、現在はサイン会まで開くような作家として活動している。
結婚したものの、6年前に妻に先立たれてしまい、一人娘のユリを男手ひとつで育てている、いわばシンパパ。
ドラマ「北の国から」シリーズでおなじみの吉岡秀隆さんは、本作でも子役から出演され、今回は子役時代の映像も流れています。

イズミ・ブルーナ(及川泉)役(後藤久美子)

イズミ・ブルーナ
本作のマドンナ的存在。
満男の初恋の相手で、若い時にヨーロッパへ行き、そこで結婚し、イズミ・ブルーナと名乗る。
現在は二人の子供のママとしても国連難民高等弁務官事務所の職員としても日々奮闘している。
来日した際に満男と再会を果たす。
「国民的美少女」で知られるフランス在住の後藤久美子さんは、「ゴクミ」の愛称で知られていますよね。
子育てがひと段落したからか、近年、少しずつ日本のメディアに復活されていて、娘さんも日本で芸能活動をされています。

諏訪博役(前田吟)

諏訪博
さくらの夫兼満男の父親であり、ユリの祖父でもある。
柴又の自宅にさくらと共に暮らしている。
ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などでおなじみの前田吟さんも、本作ではすっかりおじいちゃんです。

高野節子役(池脇千鶴)

高野節子
満男の担当編集者。
「リハウスガール」としてデビューし、一世を風靡した池脇千鶴さんを、久々にスクリーンで見た方も少なくないのではないでしょうか。

諏訪ユリ役(桜田ひより)

諏訪ユリ
満男の一人娘で、母親を亡くしている。
元子役で、現在はモデルとしても活躍する桜田ひよりさんは、本作以降も映画やドラマに引っ張りだこの今注目の新人女優です。

原礼子役(夏木マリ)

原礼子
イズミの実母。
及川一男と結婚していたが、彼の浮気により離婚しており、家族の関係はとてもぎくしゃくしている。
イズミが帰国した際に元夫の介護施設で再会を果たすのだが…。
本作では奇抜なルックスが印象的な夏木マリさんは、その抜群の容貌で今も昔も多くの人を魅了しています。

リリー役(浅丘ルリ子)

リリー
寅さんが昔結婚を意識した「マドンナ」で、現在は神保町でジャズ喫茶を経営している。
寅さんから間接的にプロポーズをされた経験もあるのだが…。
映画「男はつらいよ」シリーズをご覧の方にはうれしい登場でしょう。
かつてマドンナ役として登場した浅丘ルリ子さんが本作では過去を少し語ります。

及川一男役(橋爪功)

及川一男
イズミの実父で、神奈川県の介護施設に入居している。
だいぶ前に、自身の浮気により妻と別れて独り身生活を送っている。
とぼけた役が多い橋爪功さんは、本作でもちょっととぼけつつ、胸に来る演技を見せつけます。

窪田役(小林稔侍)

窪田
満男の亡くなった妻の父親、つまり満男の義父。
映画やドラマでおなじみの小林稔侍さんですが、山田洋次監督作品の常連出演者でもあります。

これだけでも豪華なキャストだと思いますよね?
しかし、本作には多くの芸人さんたちも登場しているのでご注目ください。
例えば、出版社の編集長役には、演技派芸人としても知られるカンニング竹山さん、出版社社員の山中役には今ノリに乗っている出川哲朗さん、さらに、林家たま平さん、立川志らくさんなどが出演されています。

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のあらすじを解説!

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のあらすじを見ていきましょう。

途中からネタバレ部分もありますので、結末が知りたい方のみお読みください

「男はつらいよ お帰り 寅さん」のあらすじ
「フーテンの寅」こと車寅次郎の甥・諏訪満男は夢の中の砂浜でかつて好きだった及川泉と会っていた所、中3になる一人娘のユリに起こされてしまう。
かつては子供だった満男も今や50歳、以前勤めていた靴会社を退職し、現在は小説家となっていた。
そんな満男は6年前に妻を亡くし、娘のユリと二人暮らしをしている。
ユリが学校に向かうと、出版社に向かった満男は担当編集者の高野節子から著書のサイン会開催を提案されるも、恥ずかしいからと断る。
後日、満男の亡き妻の七回忌が柴又の実家で営まれ、満男の母で寅さんの妹・さくらや父の博、ユリ、義父の窪田らが集い、先代から座を継いだ御前様を迎え入れて法要が始まり、満男はかつて両親の縁を取り持った寅さんのことを思い出すのだった。
窪田や博の勤務先の社長の娘・朱美は満男に再婚を勧めるも、満男は乗り気ではなかったが、賑やかな光景に、満男は寅さんもおり、お茶の間が賑やかだった当時を思い出す。

満男はかつて、寅さんに「人間は何のために生きているのか」と問いかけた時を思い出していた。
寅さんは「生きていてよかったと思うことのために生きているんじゃないかな」と、言った。
駅で満男とユリを見送るさくらは、満男の初恋相手の泉のことをふと思った。
泉は今やヨーロッパに嫁いでイズミ・ブルーナと名乗り、国連難民高等弁務官事務所の職員として働いていた。
そんなある日、結局都内の書店でサイン会を開くことになった満男は、見覚えのある女性からサインを頼まれた。
そう、イズミだ。
久しぶりに再会を果たした満男は、彼女を寅さんのかつての想い人・リリーの経営する神保町のジャズ喫茶へと連れて行った。
イズミには既に二人の子がおり、満男も娘がいるとは話したが、妻が亡くなったことまでは話せずにいた。
リリーと再会を喜び合ったイズミは、どうして寅さんと結婚しなかったのかとリリーに尋ねると、リリーはかつて、さくらを通じ間接的にプロポーズをされたと明かすも、満男はいつも肝心な時に自ら逃げ出す寅さんの悪い癖を思い出していた。
満男はイズミを実家の2階に泊めることにし、両親は喜んで迎え入れた。
満男は明日、介護施設で暮らす父・一男に会うというイズミに送る約束をして帰宅した。
帰宅すると、高野がユリに英語を教えており、飯田編集長から依頼されている書き下ろし小説の話をしてきた。
高野が帰ると、満男はかつて寅さんと一緒に旅に出た時を思い出していた。
寅さんは満男に「思うだけでは何もしないのと同じことだ、言葉で伝えろ」と言ったのだった。

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」はU-NEXT新規利用者は無料視聴できる!

U-NEXTに新規登録すれば、映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」は、付与された600ポイントで無料視聴できます。
しかも、無料動画サイトのようなリスクはなく、安全に、高画質で視聴することができるので、早速、U-NEXTをチェックしてみてくださいね。

こんな記事も読まれています