映画

映画「食べる女」のフル動画が視聴できる動画配信サービスは?どんな豪華キャストが出ているの?

食べる女
「あー、なんかかわいい女子が出てる映画はないかな?」と、思っているそこの男子!!!

映画「食べる女」は、新旧問わず、かわいくてきれいな女子、且つ演技派女優たちがそろった映画になっています。

映画「食べる女」とは一体どんな映画なのか、そのキャストやあらすじはもちろんのこと、手軽に視聴できる、この作品を配信中の動画配信サービスをご紹介したいと思います。

映画「食べる女」とは

食べる女とは一体どんな映画なのか、おそらく知らない方も多いかと思いますので、その基本情報をここではお伝えしていきたいと思います。
食べる女映画

 

監督生野慈朗
脚本筒井ともみ
原作筒井ともみ「食べる女 決定版」
製作筒井ともみ、片岡公生、宮田昌広、柳迫成彦、小林勝絵
製作総指揮大跡一郎、中馬啓介
音楽富貴晴美(主題歌:Leola「Kissing」)
公開日2018年9月21日(日本)
上映時間104分

この映画は、原作者である筒井ともみさんによる小説「食べる女」、そして「続・食べる女」を原作としており、筒井ともみさん自身が脚本や製作に携わっているという、原作者の意気込みを感じさせる映画です。
ちなみに、筒井ともみさんは、アニメやドラマで活躍された方で、アニメならば「ヤッターマン」、「ときめきトゥナイト!」や「あさりちゃん」、それに「パタリロ!」のスタッフとして活躍しています。
年齢も職業も性格も違う8人の女たちの、食と恋にまつわる個性ある生き様をコミカルに描きだしたストーリーで、女たちの食と生き様をテーマにした日本の映画だったのですが、残念ながら公開当初は記録的な興行収入を上げられませんでしたが、香港でもこの作品は上映されています。
ただし、ヤフーニュースなどにおいて、様々なジャンルの話題を提供している俳優陣が集結しているので、こちらはぜひ注目してくださいね。

それでは、映画「食べる女」の中身はどうなっているのか、

食べる女のあらすじは?

食べる女はどんな内容となっている映画なのかを見ていきましょう。
ネタバレはありませんので安心してご覧いただければと思います。

雑文筆家であるトン子は、迷える女子たちに美味しいゴハンを食べさせて元気にするということを趣味とする女主人。
そんな「モチの家」には、夜な夜な悩める女性がふら~りやってくるのだった。

トン子と幼なじみである「ごはんや道草」の女将、美冬。
トン子と同じ「食」を愛する大人の女性なのだが、若い男子にも母性愛を振りまいてしまい、フェロモン女将だったのだ。
見習いのかわいい男の子のつまみ喰いするのが止まらない。

トン子の担当編集者で性格が曲がっているため、恋愛はご無沙汰なドド。
恋愛に臆病になっていて、その分貯蓄に励みマンションを購入するというこじらせ女子。
1人でいるのが楽だし、1人でいても平気、ちょっと寂しい時もあるけど美味しいごはんを食べれば大丈夫。
そんなドドの前に、料理の得意な冴えないサラリーマン・タナベが現れる。
胃袋を掴まれるのは男性だけではない!ドドの恋愛は発展するのだろうか?!

ぬるい彼に物足りなさを感じつつも別れられない、ドラマ制作会社でAPをやっている多実子。
アラサーの多実子は、仕事で上と下からの挟み撃ちに会い、心はへとへと。
彼にプロポーズされているもののこれで良いのかと、今の自分の現状に満足いっていない状態だ。
とりあえず、美味しい酒と美味しいごはん!と今宵も「モチの家」か、行きつけのBar「ロマ」に顔を出す。

多実子の行きつけのBar「ロマ」では、離婚した元旦那・Barのオーナーの子供を身ごもる愛に一途すぎる女店員、珠美が美味しいつまみと酒を提供してくれる。
離婚してもまだ、彼を愛し彼の子どもを産みたい、心底惚れるとはどうゆうことなのか?

Bar「ロマ」の常連にはもう1人、酒に飲まれる弱い女性がいた。
それは、古着ショップ店員であるあかり。
彼女は、家に来る男に、ひき肉料理ばかり与え、飽きられたらポイされるという「ひき肉恋愛」女子。
そんな中、ステーキを焼きたい男性が現れ、大切したい恋なのに、ありのままの自分、そして、ひき肉を受け入れてくれるのだろうか。

一方で「モチの家」に居候がやってきた。
それは、料理下手が理由で離婚届けを叩きつけられた女性マチ。
彼女は、身心ボロボロで、「道草」に流れ着き、美冬の手料理に感銘を受けたマチは、トン子宅に居候しながら、美冬の店で働くことに。
料理を作るということや料理の神髄について目覚めていく。

「モチの家」には女性だけではなく、女の子もやってくる。
井戸に引き寄せられてやってきた少女たちは、大人の女性より健気に生きている「子供」なのだ。
そんな1人の女子の母親は、夫と別居中の耳のパーツモデルのツヤコだった。
夫は外で別の家庭があるにもかかわらず手放せない彼女は、子供達をつれてピクニックへ彼を誘う。

「食」と「愛」に飢えながらも、自分なりの幸せを見つけていく8人の女性たち。
彼女たちは、それぞれどんな決断をするのだろうか…。

食べる女の豪華キャストを発表!

食べる女は今を時めく女性陣が集結しています。
では、どんな女優陣が出演しているのか、キャスティングをご覧いただきましょう。

トン子役(小泉今日子)

トン子
迷える女たちにおいしいゴハンを提供して元気にするのが大好きな女。
最近は不倫を公表したことで知られていますが、元祖顔が小さいアイドル歌手として知られています。

ドド役(沢尻エリカ)

ドド
恋愛から逃げ腰であることをごまかして、蓄財にはげむ女。
非常に高い演技力として知られている彼女ですが、「あの事件」で、一気にその実績をダメにしてしまいました…。
今後は更生して、今まで以上の素晴らしい演技を見せてくれることを期待しましょう。

多実子役(前田敦子)

多実子
ぬるま湯の差から抜け出せず、時々ジャンクな食べ物や男を夢想するアラサー女。
一児の母となった元アイドルで、最近では女優業に精を出しています。

あかり役(広瀬アリス)

あかり
男に都合のいい恋愛をしては失敗を繰り返すが、それでもめげない女。
妹の七光りなんて言われていましたが、バラエティ番組などに出演し、妹とはまた違った一面を見せ、「広瀬アリス」個人として、今注目を集めています。

珠美役(山田優)

珠美
形式にとらわれることなく、元旦那への愛情もセックスも手放さない女。
元は歌手、長い間モデルと活躍している小栗旬さんの妻で、二児の母が、この山田優さんです。

ツヤコ役(壇蜜)

ツヤコ
別れた夫への愛を捨てられず、ピクニックに誘い続ける女。
2019年に結婚を報告され、壇蜜ロスが芸能界からも一般社会からも聞こえるほど、男子たちからのファンが多いタレントさんです。

マチ役(シャーロット・ケイト・フォックス)

マチ
料理下手で離婚危機に陥ってしまう。
味覚がよくわからない外国人。
NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」でヒロインを務めたシャーロット・ケイト・フォックスは、日本をベースとして女優として活躍されています。

美冬役(鈴木京香)

美冬
聖母的な愛と料理で、 かわいい男をつまみ喰いすることを趣味としている女
言わずと知れた朝ドラから民間ドラマ、映画まで務める大女優が、この鈴木京香さんです。

食べる女はYouTubeなどの無料動画サイトで視聴できるの?

食べる女はDVDをショップでレンタルするという手を考える方もいるでしょうが、「今の時代、たくさんの動画が映画公開と共にという感じでサイトにアップされているから食べる女もアップされているだろう」と、思う方も多いでしょう。
では、食べる女はYouTubeなどの無料動画サイトにアップされているのでしょうか。

2020年3月現在、YouTubeでは食べる女のフル動画はアップされていません。
しかし、ユーチューバーが増える毎日ですから、この状況は調べる度に変わってくることが想像できますし、YouTube以外にもdailymotionやPandora、9TUSなどのアメリカ以外の海外の無料動画サイトがあることはあなたもご存知でしょうから、YouTubeがだめならそちらをと、これらのサイトを検索するかもしれません。
しかし、たとえこういったサイトに食べる女のフル動画がアップされていたとしても視聴自体はその時点で可能かもしれませんが、これは近日中に削除される可能性が高いのです。
また、こういった無料動画サイトに食べる女のフル動画がアップされていたとしても、視聴することは決しておすすめしませんし、やめてください。
なぜならこういったフル動画は違法にアップされた動画
だからです。
いずれにせよ、厳しい所は無料動画サイトに映画やドラマのフル動画がアップされてからすぐに削除する傾向があるので、見られるチャンスも少ないでしょう。
それに、見られたとしても、他人が所有権を持つ動画を許可なくアップしているので、そういった動画を視聴するということももちろん、間接的な違法行為となります。
動画を視聴する上でも当然ながらマナーはありますので、モラルに反するようなことはやめましょう。
また、こういった動画に出てくる偽の広告からディバイスがウイルスに感染してしまう恐れもあり、個人情報が漏洩する可能性も高くなりますので、視聴者側のリスクが大きすぎます(何度も視聴したことがあるのであれば、そのリスクはかなり高まります)。
ですので、絶対にこういった無料動画配信サイトを使ってのフル動画の視聴はやめてください。
ちなみに、YouTubeでは有料で映画がレンタル、もしくは購入できることがあるのですが、食べる女の場合、今現在レンタルも購入も行っていません。

YouTubeに有料動画がアップされていれば、食べる女フル動画をそれで視聴することも可能ですが、今現在それはできません。
「だったら、やっぱり食べる女はDVDをレンタルしなければいけないのか…それは面倒だし、きっと、あまり本数もないから待つことになるかもしれない」と、ネガティブに思われた方もご安心ください。
そんなことはありません。
そう、食べる女を手軽に、そして、お得に視聴することが可能な別の方法があるのです。

それでは、食べる女が視聴できる動画配信サービスについて次項でご紹介していきますね

食べる女はどんな動画配信サービスで視聴することができるの?

食べる女はYouTubeでは安全な有料コンテンツとしても今現在扱っていないということがわかりました。
もちろん、フル動画がYouTube以外のサイトにアップされていても見てはいけません。
そんな時に利用したいのが、動画配信サービスです。
では、食べる女はどんな動画配信サービスで今現在視聴できるのかチェックしていきましょう。

動画配信サービス名月額料金レンタル料金
U-NEXT1,990円550円
Amazonプライム500円500円~
TSUTAYATV933円~500円
music.jp550円~440円
ビデオマーケット980円440円
dTV500円見放題
hulu933円x
楽天TV302円~440円
FODプレミアム888円x

※上記は2020年3月現在の配信状況となっていますので、予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
※いずれも上記の月額料金は税別価格(税込表記がないもの以外)となっており、Amazonプライムビデオに関しては別途年会費として4,900円(税込)がかかります。
※レンタル料金はいずれも税別となっています。

ここで「食べる女」が視聴できる1番安い料金の動画配信サービスを選ぶのはまだ早いです。
ただし、dTVは見放題となっているので、「食べる女」だけを視聴するのであれば、この動画配信サービスをおすすめします。

dTVの特徴もご紹介しておきますね
dTVの特徴
月額料金500円(税別)
収録作品数12万本以上
ポイント毎月抽選で40人に最大5,000ポイント付与
無料トライアル期間31日間
視聴可能なもの映画、ドラマ、バラエティ、音楽など
ダウンロードの可否可能
1アカウントの登録数1アカウントに対して5つのディバイスで登録が可能

収録作品数も12万本以上、そのうちの2万本以上が見放題になっているので、数ヶ月は見放題作品だけで満足していただけるでしょう。
継続利用しても、月額料金がたったの500円(税別)なので、1ヶ月何も見なくたって大して損したことにはなりませんよね。

しかも、dTVは最新作をいち早く取り入れる動画配信サービスの1つですから、まだまだ話題の作品も、追加料金を払えば映画館に行くよりも安く視聴できますし、ハイビジョン対応にもなっているので、映画館レベルのきれいな映像が自宅でご覧いただけますよ

しかし、食べる女以外の気になる作品もこの際見ておきたいという方もいるでしょう。
そんな方におすすめなのが、ほぼ同じ条件を提示しているU-NEXTと楽天TVなのです。

それでは、それぞれの特徴についても見ていきましょう
U-NEXTの特徴
月額料金1,990円(税別)
収録作品数15万本以上
ポイント毎月1,200ポイント付与(初回600ポイント付与)
無料トライアル期間31日間
視聴可能なもの映画、ドラマ、バラエティ、音楽、マンガなど
ダウンロードの可否可能
1アカウントの登録数1アカウントに対して4つのディバイスで登録が可能
収録作品数もたっぷり15万本以上、しかも、ジャンルも幅広く扱っているのがU-NEXTはいいんですよね
楽天TVの特徴
月額料金2,149円(税込)
収録作品数18万本以上(4万本が見放題!)
ポイント毎月1,200ポイント付与(初回600ポイント付与)
無料トライアル期間31日間
視聴可能なもの映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど
ダウンロードの可否可能
1アカウントの登録数1アカウントに対して複数のディバイスで登録が可能
先述したように楽天TVもU-NEXTと似たような内容になっていますよね!やはり、甲乙つけがたいです

2つのサービスに共通していることは、U-NEXTも楽天TVもどちらも31日間の無料トライアルと新規登録するだけで600ポイントがもらえるということなのです。
無料トライアルはほとんどの動画配信サービスでついてきますが、ポイントがつくところはなかなかありません。
ということで、どちらのサービスを使っても、食べる女の視聴料金は今現在550円となっていますから、この600ポイントを使って食べる女を無料視聴することができるのです。
ですから、食べる女だけを視聴して、動画配信サービスを利用するのはそれでおしまいにしたいという方は、どちらか好きな方を利用していただくのも良いでしょう。

しかし、やはり、動画配信サービスを利用するのであれば、この機会に見たいと思っている作品をできるだけお得に視聴できたらラッキーだなと思いますよね。
だって、「無料」なのですから。
基本的に無料トライアル期間は本会員と同じ条件で利用できるので、このチャンスは逃さないでください。

楽天TVとU-NEXTは、1番気になる月額料金もほぼ一緒(数十円の違い)ですし、新規登録するだけで600ポイントがもらえ、本会員になっても毎月1,200ポイントがもらえるので、どちらを使っても損はしないのですが、2つ異なる点があります。
それはどこかというと…まずは収録作品数と見放題作品の数なのです。

動画配信サービス名収録作品数見放題作品数
U-NEXT15万本以上9万本以上
楽天TV18万本以上4万本以上

有料コンテンツを含めた収録作品数は、楽天TVは、2020年3月時点で18万本以上の作品があります。
一方U-NEXTは、楽天TVにやや劣る15万本以上(といっても、他の動画配信サービスと比較しても多いですし、扱っているジャンルもまんべんなくという状況)となっています。
しかし、追加料金を支払うことなくみられる見放題作品は圧倒的にU-NEXTの方が多くなっており、楽天TVは、アダルト系やキッズ系など、様々なジャンルの動画がU-NEXT以上に充実しているのですが、追加料金を支払う必要があるフル動画が多いということが言えるのです。

そして、もう1つ実は大きな違いがあるのです

楽天と言えば、今や楽天市場だけでなく様々なジャンルを提供していますよね(インターネット通販をはじめとし、旅行やネット証券、モバイルなど)。
ご存知の方も多いように、楽天ブックスというサイトもあり、ここでは本の販売をインターネット上で行っています。
しかし、それは本の「実物」を購入し、配送してもらう、いわばAmazonのようなものであり、電子書籍ではありません。
U-NEXTの場合、マンガや雑誌、そして、小説を電子書籍として提供しているので、本そのものは不要だという方には、U-NEXTが断然おすすめです。

ただし、楽天TVを利用すると、当然ながら楽天ポイントがつきますし、楽天カードを利用すればさらにポイントがつき、この貯まった楽天ポイントで有料コンテンツを購入することもできるので、楽天ヘビーユーザーは押さえておいてくださいね

結果として、どちらもおすすめなのですが、楽天を頻繁に利用されるという方には楽天TV を、フル動画だけでなく、マンガや小説などの本も一緒に手軽に利用したいという方にはU-NEXTをおすすめします。

どちらのサービスも無料トライアルは31日間で、期限内にそれを解約した時点で無料トライアルは終わるので、できるだけギリギリまで利用することをおすすめします。もちろん、本会員になってもお得なので、まずはそれぞれを比較してみてくださいね

食べる女はU-NEXTか楽天TVなら無料視聴ができる!

食べる女をお得に、そして安全に視聴するならば、U-NEXTか楽天TVがおすすめです。 
どちらも無料トライアルだけでなく、新規登録するだけで600ポイントがついてくるので、それを使って「食べる女」が、実質無料できるというわけです。
継続利用してもお得なので、ぜひあなたが気に入ったどちらかの動画配信サービスを利用して食べる女を視聴してくださいね。

お得な映画見放題は「U-NEXT」
U-NEXT

配信数16万本以上はVODトップクラス!!31日間無料!いつでも解約できます。
最新映画 / 名作映画 / 大ヒット映画 / 話題映画 / 映画公開関連なんでも揃ってるのはU-NEXTだけ!

簡単2ステップ

まずは見てみる ≫

いつでも解約可能
こちらも人気☆