映画

映画「パラサイト 半地下の家族」のフル動画を視聴できる動画配信サービス一覧を発表!無料視聴できるものはある?

数年前からアカデミー賞は「白すぎる」だとか、「黒人推しが強い」などと、授賞式の前から色々と話題になることが多かったですよね。
2020年授賞式も式典前から色々と騒がれていましたが、授賞式後もとても話題になりました。
それは、外国映画が最優秀作品賞を受賞したからです。
そんな歴史的作品となったのが、映画「パラサイト 半地下の家族」です。

見たいのに見られなかったという方は多いかと思いますが、そんな映画「パラサイト 半地下の家族」の詳細やフル動画が視聴できる動画配信サービスをお伝えしていきます。

映画「パラサイト 半地下の家族」の作品概要

映画「パラサイト 半地下の家族」がどんな作品になっているのか、まずは作品概要をご覧いただきましょう。
映画「パラサイト 半地下の家族」

監督 ポン・ジュノ
脚本 ポン・ジュノ、ハン・ジンウォン
製作 クァク・シネ、ムン・ヤングォン、ポン・ジュノ、チャン・ヨンファン
製作総指揮 ミキー・リー
音楽 チョン・ジェイル
公開日 2019年5月30日(韓国)
上映時間 132分

2020年のアカデミー賞をご覧になられた方はお気づきかと思いますが、映画「パラサイト 半地下の家族」の監督を務めたポン・ジュノ監督は、本作で、脚本と製作も務めたため、通訳を伴い、何度も壇上に上がってスピーチすることとなりました。
アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚本賞、そして、国際長編映画賞を受賞しました。

ちなみに、ポン・ジュノ監督は、あの「グエムル~漢江の怪物~」の監督・脚本を手掛けた方でもあります

本作では、フランス版アカデミー賞と呼ばれているセザール賞で、韓国初の外国語映画賞を受賞し、イギリスでは、外国語映画としての歴代興行成績で1位を記録し、カンヌ国際映画祭のコンペテション部門に選出された際には、審査員満場一致で最高賞であるパルム・ドールを受賞しました。
実は、本作はアメリカでドラマ化されることも決定しています。

また、本作のタイトルとなっている「パラサイト」は、日本でも昔流行った言葉ですが、「寄生虫(生物)」を意味することはご存知の通りです。
そのため、本作も怪獣映画かなのかとか、ニートのように親のすねをかじりながら生きる物語なのかと思われるかもしれませんが、そういう意味ではありません。
映画を見ていただくと、「なるほど、こういう『寄生』か」と、思われるはずですよ。

本作の公式ホームページでポン・ジュノ監督が、本作の「パラサイト」の意味について説明しているので、気になる方はご覧になってみてください

それでは、アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した映画「パラサイト 半地下の家族」の予告編をご覧いただきましょう。

ネタバレ無し!映画「パラサイト 半地下の家族」のあらすじについて

それでは、どんな「寄生」の映画となっているのか、映画「パラサイト 半地下の家族」のあらすじをネタバレ無しで解説していきたいと思います。

父ギテク、母チュンスク、息子ギウ、娘ギジョンのキム家の4人は、狭く薄汚れた半地下のアパートに住んでいた。
全員失業中で、近所のパスワードの掛かっていないWi-Fiを使ったり、低賃金の内職をしたりしてギリギリ生活していた。
ある日、名門大学に通うギウの友人・ミニョクが訪れ、富をもたらす山水景石と言われている岩を手渡す。
ミニョクは、自分の留学中、パク家の女子高生ダヘの英語の家庭教師をやらないかとギウに提案する。
浪人中のギウは教える資格がないとためらうも、報酬が高いこともあって仕事を引き受けることに。
ギジョンに名門大の入学証書を偽造してもらい、ギウは大学生のふりをして高台の高級住宅地を訪れ、家政婦のムングァンに迎えられる。

パク夫人も授業の様子を見学する中、物怖じしない態度でダヘの授業を終えたギウはパク夫人の信頼を得ることができ、英語の家庭教師の仕事が正式に決まった。
帰り際、壁に息子ダソンの描いた絵が飾ってあることに目をつけたギウは、パク夫人が絵の家庭教師を探していると知り、ギウは思い当たる人物がいる、とパク夫人に言う。
後日、ギウの大学の後輩を装ってギジョンがパク家をやってきた。
人の良いパク夫人は疑うことを知らず、権威にも弱いため、ネットで調べた専門用語を使って達者に話すギジョンはすっかりパク夫人に信用され、ダソンに絵を教える先生として雇われる。

その夜、仕事を終えたパク氏が帰ってくると、彼は夜道を女性一人で歩かせるわけにはいかないと、運転手にギジョンを送るよう命じる。
車中、運転手はしつこく彼女の家まで送ると言うも、家を知られるわけにはいかないギジョンは断る。
ギジョンは考えあぐねた結果、こっそりと下着を脱ぎ、助手席の下にその下着を押し込んだ。

翌日、車から下着を発見したパク氏は、運転手が自身の車をコカイン漬けのカーセックスに使ったと考え解雇する。
運転手がいなくなり困っているパク家に、ギジョンは親戚に良い運転手がいると伝える。
こうして、父ギテクもパク家に運転手として雇われることとなった。

パク家で働く家政婦のムングァンは建築家(パク家は元々建築家が建てた家で、建築家がそこに住んでいた)の代からこの家で家政婦をしっており、食事を人の2倍食べる以外は欠点らしい欠点が見つからない人物。

ムングァンがひどい桃アレルギーだと知ったギウは、家族と色々と策略を練り、ムングァンに桃の表皮の粉末を浴びせる。
ギテクはパク夫人に韓国で結核が流行しているという話、ムングァンを病院で見かけたという話を吹き込んだ。
アレルギーで咳き込むムングァンや血のついたように偽装されたティッシュを見せられたパク夫人はムングァンが結核だと確信し、解雇した。
新しい家政婦は必要だが、誰でも良いわけではなく困っているパク氏に、ギテクはパク家に雇われる前にスカウトの話があったという架空の高級人材派遣会社の名刺を渡す。
名刺の連絡先はギジョンのガラケーにつながり、シナリオ通り年収の証明などの煩雑な手続きをアナウンスして信用を高め、送り込まれた母チュンスクは、パク家に新しい家政婦として雇われることとなる。
こうして、キム家の4人は全員が家族であることを隠しながら、パク家への就職に成功したと思われたが、ただ一人、息子のダソンだけが、同時期に就職してきた4人が同じにおいをしていることに気づいた。

「半地下住宅」で暮らすキム一家と、「高台の豪邸」で暮らすパク一家。
この相反する2つの家族が交差した先に、想像を遥かに超える衝撃の光景が広がっていくのだが…。

映画「パラサイト 半地下の家族」のキャストと監督

映画「パラサイト 半地下の家族」のキャストと監督についてもご紹介していきたいと思います。

まずは何といっても、アカデミー賞授賞式で何度も壇上に上がったポン・ジュノ監督ですよね!

ポン・ジュノ監督
延世大学社会学科卒業後、韓国映画アカデミーで映画制作を学びました。
劇場長編デビュー作は、監督・脚本を手掛け高い評価を得た「吠える犬は噛まない」です。
その後、2006年には「グエムル‒漢江の怪物‒」を発表し1,240万人を超える、当時の韓国動員歴代1位のメガヒット作品となりましたが、世界的にも話題を集めました。
映画「パラサイト 半地下の家族」では、日本人が想像できないような貧富の差が存在します。
まさに、そんな韓国の社会問題をテーマにした作品となっています。

キム・ギテク役(ソン・ガンホ)

キム・ギテク
半地下住宅に暮らす全員失業中の一家の貧乏気ままな主。
楽天的で温厚な性格をしており、かつて運転手として勤めていたことがあった。
ソン・ガンホは韓流映画好きなら絶対に知っているでしょう。
韓流映画オタクではない方でも、「あ、この人見たことある」と、思ったはずですよ
そのくらい様々な作品に出演しており、代表作には映画「親切なクムジャさん」や「シュリ」、「JSA」などがあり、ポン・ジュノ監督とは映画「グエムル~漢江の怪物~」や「スノーピアサー」などでもタッグを組んでいます。

キム・ギウ役(チェ・ウシク)

キム・ギウ
ギテクの息子。
浪人中で、受験経験は豊富だが学歴はない。
友人の代わりにパク家へ学歴を詐称して家庭教師として雇われることに。
チェ・ウシクは、実はカナダ国籍を持つ韓国で活躍する俳優です(生まれは韓国、育ちはカナダで、国籍を変更した)。
いわゆる塩顔タイプのかわいい感じの顔をしていますよね。
彼は、本作のエンディング曲である「Soju One Glass」を自ら歌っていて、ポン・ジュノ監督からもその演技力を認められています。

ちなみに、チェ・ウシクが歌った曲はこちら!

キム・ギジョン役(パク・ソダム)

キム・ギジョン
ギテクの娘で、美大入学を目指しており、予備校には通えないため、アートのスキルだけが上達している。
2013年にデビューしたパク・ソダムは、映画「ベテラン」や「王の運命 -歴史を変えた八日間-」、「プリースト 悪魔を葬る者」に出演し、数々の映画賞を受賞した経歴を持つ、これからどんな成長を見せるのか、期待の若手女優です。

チュンスク役(チャン・ヘジン)

チュンスク
ギテクの妻で、元ハンマー投げのメダリスト。
解消なしの夫にカツを入れる。
チャン・ヘジンは、今日本でも大ブームを起こしているドラマ「愛の不時着」にも出演しています。

パク・ドンイク役(イ・ソンギュン)

パク・ドンイク
高台の大豪邸に暮らすIT企業の社長。
まさに、「成功者」の象徴。
元々ミュージカル俳優としてデビューしたのがイ・ソンギュンです。
ドラマ「コーヒープリンス1号店」や「白い巨塔」、「ミス・コリア」など、日本でも大ヒットしたドラマに出演されていたので、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

ヨンギョ役(チョ・ヨジョン)

ヨンギョ
パクの妻で若くて美人だが、騙されやすく能天気な性格をしている。
韓国ドラマではあまりないちょっとエッチなシーンが結構あったドラマ「ロマンスが必要」で主演を務めていたチョ・ヨジョンが本作では能天気な美人妻という役どころを見せてくれています。

本当に、本作では「華」のようなきれいさが際立っていますよね?
パク・ダヘ役(チョン・ジソ)

パク・ダヘ
パクの娘。
高校2年生で、受験勉強に励んでいる。
授業を受けるうちにギウに好意を寄せていく。
チョン・ジソは、元々「ヒョン・スンミン」という本名を芸名にしていましたが、本作以降、チョン・ジソが芸名となっています。
2020年現在、まだ20歳なので、本作をきっかけにどんどん成長していきそうですよね。

パク・ダソン役(チョン・ヒョンジュン)

パク・ダソン
パクの息子で幼く落ち着きが無い。
トランシーバーがお気に入り。
ヨンギョには芸術的才能を見込まれている。
チョン・ヒョンジュンはドラマ「あなたはひどいです」や、「七日の王妃」、「波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~」に子役として出演しています。

ムングァン役(イ・ジョンウン)

ムングァン
パク宅の家政婦で、パク一家が入居する以前から家政婦として働いている。
演劇・ドラマ・映画と幅広いジャンルで活躍する名バイプレーヤーが、イ・ジョンウンです。
ポン・ジュノ監督作品の常連でもあり、映画「母なる証明」、Netflixオリジナル映画「オクジャ/okja」に続き、本作が3度目の出演となります。

映画「パラサイト 半地下の家族」のフル動画配信状況!

映画「パラサイト 半地下の家族」がどの動画配信サービスで配信されているのかをチェックしていきましょう。

動画配信サービス名 月額料金 レンタル料金
U-NEXT 1,990円 550円(字幕・吹き替え版)
Amazonプライム 500円 400円~(字幕・吹き替え版)
TSUTAYATV 933円~ 500円(字幕・吹き替え版)
music.jp 500円~ 440円(字幕・吹き替え版)
ビデオマーケット 980円 440円(字幕・吹き替え版)
dTV 500円 400円(税別、字幕・吹き替え版)
hulu 933円 有料(字幕・吹き替え版)
楽天TV (プレミアム)2,149円(税込) 440円(字幕・吹き替え版)
Paravi 925円 500円(税別、字幕・吹き替え版)
FODプレミアム 888円 500円(字幕・吹き替え版)
TELASA 562円 有料(字幕・吹き替え版)

※上記は2020年7月現在の配信状況となっていますので、予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
※Amazonプライムビデオに関しては別途年会費として4,900円(税込)がかかります。
※月額料金はいずれも税別となっています。

さすが、アカデミー賞最優秀作品賞を受賞しただけあります。
上記すべての動画配信サービスで、2020年7月現在、映画「パラサイト 半地下の家族」のフル動画は配信中です。

「でも、動画配信サービスに加入する気は無いし、お金も払いたくないんだよな…」と、思われている方は多いですよね?

動画配信サービスの本会員となる必要もなく、無料で映画「パラサイト 半地下の家族」が視聴できる動画配信サービスがあるのです。

では、そんなうれしい動画配信サービスについては次項で詳しくお伝えしていきたいと思います

映画「パラサイト 半地下の家族」を無料視聴するならU-NEXTでしょ!

映画「パラサイト 半地下の家族」を無料視聴する際には動画配信サービスU-NEXTをご利用ください。

それでは、気になるU-NEXTの利用の流れをチェックしていきましょう!

1U-NEXTに新規登録する
2無料トライアル期間がスタートする(31日間もあります!)
3映画「パラサイト 半地下の家族」を視聴する
(他にも見たいフル動画や読んでみたい電子書籍がある方は、解約前にすべて見る)
4トライアル期間中にU-NEXTを解約する

U-NEXTに新規登録すると、31日間の無料トライアル期間がついてきます。

しかし、これだけでは550ポイントの映画「パラサイト 半地下の家族」を視聴するために課金しなければならなくなりますよね?

ところが、U-NEXTでは、新規登録と同時に600ポイントが付与されるのです。
この600ポイントを利用して映画「パラサイト 半地下の家族」を購入すれば、実質無料で、映画「パラサイト 半地下の家族」のフル動画を視聴できます。

もちろん、トライアル期間中は本会員ではないので月額料金を払う必要はありませんよ!

そんなU-NEXTのおすすめポイントも押さえておきましょう。

・新規登録の際に600ポイントがもらえる!
・無料トライアルは丸々1ヶ月、31日間!
・収録作品数は15万本以上、そのうちの9万本以上が見放題作品!
・マンガや小説などの電子書籍も収録されている
・安全性も高い!

映画「パラサイト 半地下の家族」のフル動画を購入しても50ポイント余ってしまいますよね?

どうしてもそのポイントを使いきりたい方は、U-NEXTには15万本以上のフル動画が収録されています。
本作以外にも気になるフル動画があって有料の場合、この50ポイントに少し課金してお得にもう1作品視聴することもできますし、電子書籍の購入に充てることも可能です。
9万本以上の作品が見放題なので、これに関しては、追加料金不要で本会員の方と同じように好きなだけ無料視聴できるので、ご利用ください。

ただし、1つ注意することがあるので、利用前に頭に入れておいてくださいね

U-NEXTには31日間の無料トライアル期間がついてきますが、31日経過する前に解約してしまうと、その時点で無料トライアルは終了します。
思い切りU-NEXTを楽しみたい方はギリギリまで解約しないことがおすすめです。

ただし、1日でもトライアル期間を経過してしまうと、自動的にチャージされてしまうので、ご注意ください

映画「パラサイト 半地下の家族」は無料動画サイトで視聴するのは危険・NG!

映画「パラサイト 半地下の家族」は動画配信サービスを利用しなくても無料動画サイトで視聴できるのではと、考えた方は多いでしょう。
しかし、無料動画サイトでの視聴は絶対にやめてください。

その理由をお伝えしましょう

無料動画サイトにアップされている映画のフル動画(映画「パラサイト 半地下の家族」に限らず)は違法動画であり、違法動画を視聴することも間接的な違法行為となるからです。

他にも違法動画を視聴するデメリットはありますので覚えておいてくださいね

違法動画には偽の広告が出てきますが、偽の広告がディバイスをウイルスに感染させ、大切な個人情報も漏洩するリスクがあるのです。
ですから、無料動画サイトを利用して映画「パラサイト 半地下の家族」の視聴は絶対にやめてください。
もちろん、映画「パラサイト 半地下の家族」だけでなく、他の作品においても同じことが言えます。

ただし、YouTubeでは安全に映画のフル動画を楽しんでいただく方法もあります。

YouTubeでは人気作品を有料でレンタル、もしくは購入できるようのですが、映画「パラサイト 半地下の家族」はレンタルが$3.99~、購入が$14.99~となっています。
ただし、韓国語音声の英語字幕のみとなります。

でもYouTubeを有料で利用しなくてもいいですよね?

ご覧いただいたように、映画「パラサイト 半地下の家族」を完全無料で視聴できるU-NEXTがありますもんね!ぜひご利用ください。

映画「パラサイト 半地下の家族」はU-NEXTに新規登録すれば無料視聴できる!

映画「パラサイト 半地下の家族」は話題作なので、まさか無料で視聴できるなんて思いませんよね?

しかし、U-NEXTに新規登録をすれば、月額料金や作品視聴料金を支払うことなく、映画「パラサイト 半地下の家族」のフル動画を視聴できてしまうのです。

しかも、字幕・吹き替え版、どちらかお好みを選べるなんてうれしいですよね!

早速、U-NEXTに新規登録して、世界的な作品となった映画「パラサイト 半地下の家族」のフル動画を視聴しましょう!

こちらも人気☆
U-NEXTなら31日間無料18万本以上見放題!
詳細はコチラ