映画

映画「ラ・ラ・ランド」の動画配信はあるの?フル動画の無料視聴は可能?

ラ・ラ・ランド

アカデミー賞史上最多のノミネート作品となった映画「ラ・ラ・ランド」の快挙は記憶に新しい所です。
そんな大きな話題となったこの作品をまだ見ていないとか、また見たくなってしまったという方は多いでしょう。
しかし、既に映画館での上映は終わっていますから、DVDをレンタルしようと思っているかもしれません。

そんなあなたに、ここではDVDをレンタルしに行くよりも簡単にラ・ラ・ランドが視聴できる動画配信サービスをご紹介したいと思います。

映画「ラ・ラ・ランド」の概要

ラ・ラ・ランドがアカデミー賞で数多くの賞にノミネートされたのは、スタッフの努力があることは間違いありません。
そんなラ・ラ・ランドを製作したスタッフやラ・ラ・ランドの基本情報をお伝えしていきましょう。
ラ・ラ・ランド映画

監督 デミアン・チャゼル
脚本 デミアン・チャゼル
製作総指揮 サット・ラッキンビル、ジャスミン・マクグレイド
製作 フレッド・バーガー、ジョーダン・ホロウィッツ、ゲイリー・ギルバート、マック・ピラット
音楽 ジャスティン・ハーウィッツ
公開日 2016年12月9日(アメリカ合衆国)
上映時間 128分

ラ・ラ・ランドは、アメリカの俳優志望とピアニストの恋愛を描いたロマンティック・ミュージカル映画です。
何だか意味不明なタイトルは、ロサンゼルス(LA)と「現実から遊離した精神状態」を意味しています。

そんなラ・ラ・ランドは、アカデミー賞では史上最多の14部門でノミネートし、6部門で受賞、さらに、ゴールデングローブ賞では7部門にノミネートされ、全ての部門で受賞しました。
アカデミー賞やゴールデングローブ賞をまさに「総なめにした」ラ・ラ・ランドですが、この作品を作り上げた監督が、デミアン・チャゼルです。
なんと、彼は2020年現在35歳という監督としてはかなり若手といえる方であり、ハーバード大学を卒業したエリート監督でもあります。
これが彼にとって7作目の作品となりますが、今までの映画はそこまでヒットしませんでした。
ところが、このラ・ラ・ランドで大ブレイクしたというわけです。
興行輸入も全世界合わせて約4.5億ドルという快挙を成し遂げています。

また、この作品は、ミュージカル映画となりますから、一般的な映画よりも音楽がとても重要になってきます。
そんな重要処を務めるのが、ジャスティン・ハーウィッツですが、彼は、デミアン監督と同じハーバード大学で作曲と管弦楽の編曲を学んだという経歴を持つエリート音楽家です。
彼も監督と同じ年齢で、監督よりも1年遅れて2008年にハーバードを卒業しました。
そんなデミアン・チャゼルの監督デビュー作である「Guy and Madeline on a Park Benc(原題)」の作曲を手掛けたのも、このジャスティンです。
また、2014年にはチャゼル監督の作品である「セッション」の作曲も務め、この際にはグラミー賞にノミネートされています。
まさに黄金コンビがタッグを組んだ映画なのです。

ちなみに、このラ・ラ・ランドの舞台は、もちろんハリウッドがあるロサンゼルスが舞台となっていて、実在する場所が出てきます。
ロサンゼルスでは、この映画のロケ地となった場所に訪れる人がこの映画で増えたと言われています。

それでは、ちょっと懐かしさ漂う映像が特徴のラ・ラ・ランドの予告編を見ていただきましょう。

ラ・ラ・ランドのキャストをチェック!

ラ・ラ・ランドに出演した俳優陣は、アカデミー賞やゴールデングローブ賞で注目されたので話題となりました。
では、一体どんな俳優陣が出演しているのかをチェックしていきましょう。

セブ・ワイルダー役(ライアン・ゴズリング)

セブ・ワイルダー
ジャズを愛するミュージシャン。
伝説のジャズ・プレーヤーに憧れ、自分の好きなジャズを聞かせる店を持ちたいという夢を持つ。
そのためにレストランでポピュラーな曲をピアノで演奏するが、自分の弾きたい曲を演奏してクビになる。
その後もパーティで演奏するバンドにキーボードとして参加し、自分のタイプではない曲を演奏して働く。
「きみに読む物語」などが代表作となっていますが、いまいち日本では名前が知られていなかったライアンは、この作品で、世界的にブレイクし、同じカナダ人俳優であるライアン・レイノルズとよく間違えられていたことから、「やっとライアン・レイノルズと区別がつく存在になった」と、皮肉なコメントをしました。

ミア・ドーラン役(エマ・ストーン)

ミア・ドーラン
ハリウッドで女優を目指す若者。
ネヴァダ州ボールダーシティ出身で、幼少時、家の前の図書館で上映されていた古い映画を見た後、舞台女優だった叔母と演じあったりした。
彼女影響もあり女優の夢を抱き、ハリウッドへ向かい、3人の女性とルームシェアをし、映画スタジオの変えでアルバイトをしてオーディションを受ける毎日だが、なかなかチャンスをつかめない。
スパイダーマン女優として知られるエマ・ストーンは、この作品でアカデミー賞主演女優賞を獲得し、今や引っ張りだこの存在です。

キース役(ジョン・レジェンド)

キース
セブの学生時代の友人で、セブと再会し、バンド加入に誘う。
昔ながらのジャズにこだわるセブを説得し、大衆が喜ぶ楽曲でバンドは人気を集める。
ご存知、高温ボイスと癒し系ソングで知られるジョン・レジェンドが、この作品では重要な役を務め知恵ます。

ケイトリン役(ソノヤ・ミズノ)

ケイトリン
ミアのルームメイトで、ミアのほか、トレイシー、アレクシスと4人で暮らしている。
端役ではありますが、彼女は日系イギリス人ということやアジア系ばかりを集めた映画「クレイジーリッチ」にも出演した女優ということで、日本ではちょっと話題になりました。

ネタバレ注意!ラ・ラ・ランドのあらすじをご紹介!

ただの恋愛映画ではない、ラ・ラ・ランドのあらすじをネタバレありでご紹介したいと思います。
結末を知りたくない方は途中から飛ばして続きをお読みください。
※()内はミュージカル映画なので、曲になります。

ロサンゼルス。
大渋滞のフリーウェイではクラクションが鳴り響いていたが、1台の車から女性が降りた(Another Day of Sun) が始まる。
渋滞の中にいたミアは女優の卵で、車で台詞を覚えようとするが、後続車のセブに煽られて悪態をつく。
カフェ店員として働きながら夢を追うミアだが、オーディションに落ちまくっていた。
一方のセブはジャズピアニストで、古き良きジャズを愛でる自身の店を開く夢をもつが、姉のローラにも身を固めるよう諭される始末だった。
ある日ミアは、ルームメイトたちに誘われ、クリスマス・パーティに参加することに (Someone in the Crowd) 。
顔を売るために出席したが、思うようには行かなかった上に車がレッカーされたミアは、夜道を歩いて帰る。
通りかかったバーから聞こえてきた音楽 (Mia & Sebastian’s Theme) に誘われレストランへ入ると、その主はあのセブで、曲に惚れ込んで彼に声を掛けようとするが、契約通りの曲を弾かずにクビになったセブは、彼女を邪険に扱って去る。

春になり、ミアは相変わらずオーディションを受ける日々。
ある日パーティに参加した彼女は、「テイク・オン・ミー」を演奏するセブを見つけ、「I Ran (So Far Away)」をリクエストするが、本物のアーティストと自負するセブは選曲に憤慨する。
ミアは脚本家を振り切ろうと、セブとパーティ会場を離れるが、自分と同じ車が大量に駐車されていて自分の車を見つけられない。
ミアの車を探し、夕焼けを前に、恋が始まりそうな2人ならどんなにロマンチックか語り合う (A Lovely Night)。
数日後、セブは撮影所に忍び込み、ミアとお互いのことや夢を語り合う。
ミアは「ジャズが嫌いだ」と話し、セブは本物のジャズを教えるとクラブへ連れて行く(Herman’s Habit)。
約束の日、ミアはボーイフレンドとの先約を忘れ、嫌々ながら食事会に向かうが、その最中に聞こえてきたのが「Mia & Sebastian’s Theme」だった。
彼女はボーイフレンドと別れ、セブの待つ映画館へ向かう。
その後映画のロケ地であるグリフィス天文台に行きワルツを踊り、交際がスタートした(Planetarium)。

ここからネタバレを含みますので、知りたくない方はパスして続きをお読みください。

2人は夏には同棲し、夢を追いながら「City of Stars」をデュエットする。
しかし、セブは開店資金がなく、ミアは女優としてのチャンスをつかめずにいた所、セブから言われ、ミアは脚本を書き始める。
同時期、セブは旧友キースと再会し、バンド加入に誘われる。
しかし、彼らの音楽の方向性は異なっていた。
キースはジャズに革命を起こすために過去に囚われすぎるべきではないと言い放たれ、否定できないセブは資金問題もあり、バンドへ加入する。
バンドのライブを見たミアは、曲がセブの求める音楽ではないと気付くが、大成功し、彼らの生活はすれ違うように。

秋になると、セブはバンドのツアーであちこち飛び回る生活だが、ミアはアパートで芝居の準備をしていた。
ある日ミアがアパートに帰ると、セブがおり、ミアにツアーに同行しないかと尋ねるが、ミアは断る。
さらに、ミアは彼に開店の夢はやバンドでやりたい音楽ができるかを問い口論となり、彼女は家を飛び出した。
ミアの公演当日、セブは忘れていた雑誌撮影があると知らされる。
公演の客は少なく、終演後に酷評を聞いたミアは帰郷を決意。
セブも急いだが終演には間に合わず、ミアに夢の終わりを告げられる。
数日後、セブはキャスティング担当者からミアの舞台が気になると聞き、彼女の故郷へ行き、オーディションに行くよう説得する。
オーディション後、かつて訪れた坂に行き着いた2人は、お互いの愛を確認し、夢にあふれた未来を語る。

5年後、ミアは大女優となり、娘もいるが、父親はセブではない。
一方セブは理想通りの自分の店を開いていた。
ある夜、夫と出かけたミアは、偶然セブのバーに入り、店名とロゴは昔自分が提案したものだと気付き、セブもミアに気付いて、ミアが最初に気に入った曲「Mia & Sebastian’s Theme」を弾き始める。
セブとミアが結ばれていた場合の5年間が、走馬燈のように描かれる(Epilogue)。
曲が終わるとミア夫妻は店を出るが、最後にお互いの気持ちを理解するように見つめ合い、各自の生活に戻って行った。

ラ・ラ・ランドを無料動画サイトで見ることはできる?

ラ・ラ・ランドは、アカデミー賞受賞作品としても有名な作品ですし、だからこそ多くの人が見ていて、既に無料のフル動画がアップされているはずだと考える方も多いでしょう。
では、それができるのか見ていきましょう。

2020年2月現在、YouTubeの場合、ラ・ラ・ランドのフル動画はアップされていません。
また、YouTube以外にもdailymotionやPandoraなどでも、無料でラ・ラ・ランドが視聴できるかもしれないと、これらのサイトのユーザーは考えたり検索されたりした方もいるでしょう。
たとえラ・ラ・ランドのフル動画がアップされていたとしても視聴自体はその時点で可能かもしれませんが、これは近日中に削除される可能性が高いのです。
また、こういった媒体にラ・ラ・ランドのフル動画がアップされていたとしても、視聴することは決しておすすめしません。
なぜならこういったフル動画は違法動画となるから
です。
許可なくフル動画をアップしているので、そういった動画を視聴するというのも間接的な違法行為となります。
動画を視聴する上でもマナーがありますし、モラルに反することはやめましょう。
また、こういった動画にはウイルスに感染する恐れもあり、個人情報が漏洩する可能性も高くなりますので、視聴者側のリスクが大きすぎます(何度も視聴したことがあるのであれば、そのリスクはかなり高まります)。
ですので、絶対にこういった動画配信サイトでの視聴はやめてください。
ちなみに、YouTubeでは有料で映画がレンタル、もしくは購入できることがあるのですが、ラ・ラ・ランドの場合、レンタルは$3.99、購入は$6.99となっています。

ラ・ラ・ランドは何度も観たくなる人が続出なので、この値段であれば購入してしまった方がお得かもしれませんね。

このように、YouTubeではお金を払ってラ・ラ・ランドのフル動画を視聴することも可能ですが、これよりもうちょっとお得に、そして安全にラ・ラ・ランドを視聴できる方法はないかなと思う方も多いでしょう。

それでは、ラ・ラ・ランドが視聴できる動画配信サービスで動画配信サービスを次項でご紹介してい

きますね。

ラ・ラ・ランドのフル動画はどの動画配信サービスで見られるの?

ラ・ラ・ランドは、YouTubeを利用して有料で視聴することも可能ということがわかりました。
しかし、動画配信サービスでもお得に視聴することができるので、ここではラ・ラ・ランドが視聴できる動画配信サービスをご紹介していきたいと思います。

動画配信サービス名 月額料金 レンタル料金
U-NEXT 1,990円 見放題(字幕・吹き替え版)
Amazonプライム 500円 400円(字幕・吹き替え版)
TSUTAYATV 933円~ 400円(字幕・吹き替え版)
music.jp 550円~ 440円(字幕・吹き替え版)
ビデオマーケット 980円 440円(字幕・吹き替え版)
dTV 500円 見放題(字幕・吹き替え版)
hulu 933円 見放題(字幕・吹き替え版)
楽天TV 302円~ 440円~(字幕のみ)
FODプレミアム 888円 500円(字幕・吹き替え版)

※上記は2020年2月現在の配信状況となっていますので、予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
※いずれも上記の月額料金は税別価格(税込表記がないもの以外)となっており、Amazonプライムビデオに関しては別途年会費として4,900円(税込)がかかります。
※レンタル料金はいずれも税別となっています。

アカデミー賞やゴールデングローブ賞を受賞した作品ということもありますし、とにかく知名度が高い映画ということもあってラ・ラ・ランドのフル動画を配信しているサービスは多いです。
さて、その中でも気になるのが見放題に含まれているU-NEXTとHulu、そしてdTVでしょう。
それではそれぞれの特徴を見ていただきましょう。

U-NEXTの特徴
月額料金 1,990円(税別)
収録作品数 15万本以上
ポイント 毎月1,200ポイント付与(初回600ポイント付与)
無料トライアル期間 31日間
視聴可能なもの 映画、ドラマ、バラエティ、音楽、マンガなど
ダウンロードの可否 可能
1アカウントの登録数 1アカウントに対して4つのディバイスで登録が可能
Huluの特徴
月額料金 933円(税別)
収録作品数 5万本以上(すべて見放題作品!)
ポイント なし
無料トライアル期間 14日間
視聴可能なもの 映画、ドラマ、バラエティ、音楽など
ダウンロードの可否 可能
1アカウントの登録数 1アカウントに対して複数のディバイスで登録が可能
dTVの特徴
月額料金 500円(税別)
収録作品数 12万本以上
ポイント 毎月抽選で40人に最大5,000ポイント付与
無料トライアル期間 31日間
視聴可能なもの 映画、ドラマ、バラエティ、音楽など
ダウンロードの可否 可能
1アカウントの登録数 1アカウントに対して5つのディバイスで登録が可能

3つもオプションがあると「どれにしたらいいのだろう」と、悩んでしまいますよね。
まず、この中かからdTVですが、作品数も多く、その中の2万作品以上が見放題作品に含まれているため、悪くはありませんし、十分に映画好きのあなたも満足できるでしょう。
そして、Huluですが、こちらは無料トライアル期間が14日間しかなく、dTVの収録作品数が12万本、U-NEXTが15万本に対して、Huluは5万本と、やや物足りなさなので、無料トライアル期間中にたくさんの映画やドラマを無料で楽しんでいただけます。
最後にU-NEXTは、収録作品が15万本以上、さらにうれしい特典があるので、実は1番おすすめの動画配信サービスなのです。

それでは、U-NEXTのことをもっと詳しくご紹介していきますね。

収録作品も他の動画配信サービスより圧倒的に多く、見放題作品もたっぷりという特徴を持っているのがU-NEXTです。
そして、注目すべき点はここなのです。
新規登録であれば、U-NEXTでは31日間の無料トライアル期間がついてきて、さらには600ポイントもプレゼントされるということです。
他の動画配信サービスにも無料トライアル期間やポイントがついてくるものもありますが、ポイントはもちろんのこと、無料トライアル期間も長いU-NEXTは断然おすすめなのです。
ラ・ラ・ランドは見放題作品の中に含まれていますから、新規登録時にもらえる600ポイントを利用する必要はありません。
そのため、このポイントを使って、ラ・ラ・ランド以外にもたくさんある作品の中から、有料のものを視聴していただくことができます。
しかも、U-NEXTのポイントは、映画(動画)だけではなく、U-NEXTにはマンガや雑誌、小説など、様々なコンテンツがありますから、それに利用することもできるので、お得にその他の有料コンテンツも楽しめるというわけなのです。

もちろん、見放題に含まれているコンテンツは既に会員の方と同じように「無料で」好きなだけ視聴することができますからそれだけでもお得ですし、余ったポイントを使わず、1ヶ月以内に解約してしまっても損することはありませんよ!

ただし、注意点として、31日間ある無料トライアルは、まだ日数が残っていても、解約手続きをした時点で利用できなくなってしまいます。
そのため、最初からU-NEXTを継続して利用するつもりはないという方は、31日間ギリギリ利用してから解約手続きすることをおすすめ
します(期限は新規登録した際に届くメールに記載されていますのでご確認ください)。

U-NEXTが気になったという方は、早速こちら(U-NEXT公式)から新規登録をしてラ・ラ・ランドを視聴してくださいね。

ラ・ラ・ランドはHulu、dTVとU-NEXTなら無料視聴が可能!

ラ・ラ・ランドを既に見放題作品に含んでいる動画配信サービスは多いということがわかりました。
HuluやdTVを選び、無料トライアル期間中にラ・ラ・ランドをみれば無料視聴が可能です。
しかし、もっと他の映画も楽しみたいという方は、U-NEXTを選び、もらえる600ポイントで有料コンテンツも「無料」で視聴するのもおすすめですよ。

こちらも人気☆
U-NEXTなら31日間無料18万本以上見放題!
詳細はコチラ