映画

話題の映画「AKIRA」は動画配信サービスで視聴できる?何が話題なのか解説します!

AKIRA

今、話題となっている映画があります。
そう、あなたもここ最近耳にしたことがあるであろうアニメーション映画「AKIRA」です。
これが、まさに今日本を襲っている状況を「予言」していると言われていますよね。
特にアニメーション映画が好きではない方も、こんな話を聞いたら気になってしまうでしょう。

今話題の映画「AKIRA」とは何か、どの動画配信サービスで視聴できるのか、お得に視聴できる方法などについてもお伝えしていきたいと思います。

映画「AKIRA」について

まずは、映画「AKIRA」について知らない方も多くいるかと思いますので、この映画の概要やスタッフについてご紹介していきましょう。
AKIRA映画

監督大友克洋
脚本大友克洋、橋本以蔵
原作大友克洋「AKIRA」
製作鈴木良平、加藤俊三、野間佐和子
音楽山城祥二
公開日21988年7月16日
上映時間124分

なんと、この映画の監督と脚本を務めたのは、原作者である大友克洋氏です。
ちなみに、原作はマンガですから、マンガ家の方が映画監督と脚本をいきなり務めるという、今現在でもなかなか聞かないような試みがこの映画では行われたということなのです。
テレビでもアニメとして、2004年7月10日から26:10~28:40(土曜日の深夜枠)でTBSにて放送されていました。
さらには、人気アニメにつきもののゲーム化ももちろんされていますが、やはり、ここは時代でしょう。
ファミコンでゲーム化されています。

そんな人気作品であるAKIRAですが、この映画の公開が決まった時点で、マンガである原作が連載中(4巻までしか出ていなかった)であったため、大友氏が自ら映画用に描き下ろした絵コンテをベースとして、原作の3巻前後までにあたる話を展開してから(鉄雄暴走・アキラ復活・ネオ東京の崩壊)、映画オリジナルのラストとなるように作品はまとめられています。

このラストが原作のラストにも大きく影響しているということも、映画を観た後、もしくはその前にマンガを読まれる方は覚えておいてくださいね

ほぼ異例ともいえる映画「AKIRA」ですが、他にも逸話があり、なんと、アニメーション映画の製作費に10億円(しかも1988年です!)もかけました。
もちろん、今まで以上にセル画数も増やし
、アニメであってもより細かい動きが視聴者に伝わるようにしたのが、この映画です。

ちなみに、ディズニー映画は、かなりのセルを使っていることで知られていますよね。例えば、1991年に発表された美女と野獣の製作費が20億円程度なので、AKIRAはその半額ですが、この時代の日本のアニメーション映画としてはかなりの額となることがわかるはずです

さらに、通常、アニメのキャラクターの口の動きは3パターンです(今はCGのものが多いので、もっと幅広くなっています)が、この作品に至っては5つのパターン(つまり、全ての母音をしっかりと口で再現できる)が施されるなど、こだわりぬかれた、そして、アニメーション映画に新たな旋風を巻き起こした作品でもあります。

それでは、今巷を騒がせている映画「AKIRA」の予告編をご覧いただきましょう。

AKIRAの原作は?

AKIRAの原作は、先述したようにマンガが一応ベースになっています(映画のストーリーは映画用のものですが)。
では、どんな原作になっているのか、それについても少し見ていきましょう。
AKIRAマンガ

作者大友克洋
出版社講談社
掲載誌週刊ヤングマガジン
連載期間1982年12月20日号~1990年6月25日号
巻数全6巻

この作品は、超能力者を巡る軍や反政府勢力の争い、近未来都市やその崩壊後の世界を描いたSF漫画で、講談社漫画賞一般部門受賞歴もあります。
作者である大友氏は「東京が好きで、別の形で東京を語りなおしたいという欲望があった」ために「AKIRA」が描かれたとインタビューで答えています。

そして、話題となっているのは、2020年に東京オリンピックがあるということを「予言」しており、マンガの中で、東京オリンピック開催が危ぶまれており、その中で出てくる新聞記事の中に「WHO、伝染病対策を非難」というタイトルの記事があるのです。
つまり、「東京オリンピックがコロナウイルスによって危ぶまれている今の日本の状況を言い当てている」ということで、この作品が今注目されています。
さらには、消費税増税問題などについてもこのマンガでは的中しているので、かつての「ノストラダムスの大予言」的な映画として話題となっているのです。

もちろん、これは偶然ですから、大友克洋さんには「読む」力があると思わず、マンガの「ストーリー」だということを忘れないで読んでくださいね

AKIRAの実写版が公開されるって本当?

アニメーション映画「AKIRA」ではなく、実写版映画が公開されるという噂を聞いたことがありませんか。
では、その真偽のほどにここでは迫っていきましょう。

この話、本当でもあり、嘘…とは言えないのですが、微妙なラインなのです。
というのも、公式にハリウッドで実写映画の企画が進行中であることが発表されており、カリフォルニアで71日間にもわたって撮影が繰り広げられていたのです。
そして、2021年5月21日に公開予定であると発表していたのですが、2019年7月に、この企画は無期限で延長されるということが発表されています。
予定されているスタッフやキャストについてご紹介しておきたいと思います。

監督タイカ・ワイティティ
製作レオナルド・ディカプリオ、アンドリュー・ラザー、ジェニファー・ダヴィッドソン
製作会社ワーナー・ブラザース

監督となるタイカ・ワイティティ氏は、ニュージーランド出身の監督で、「モアナと伝説の海」や「ジョジョ・ラビット」、それに「アベンジャーズ/エンドゲーム」の監督を務めた方です。
さらに、注目すべきは製作に、悲願のオスカーを獲った人気俳優レオナルド・ディカプリオが携わっていることで、親日家の彼自身がこの作品に出演している可能性は高いです。
また、この映画での舞台は、2020年の東京ではなく、2060年の東京が舞台になるという、ちょっとバック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズを連想させるような設定となっています。

ネタバレあり!映画「AKIRA」のあらすじを見てみよう!

AKIRAのあらすじはどうなっているのか気になりますよね。
ここでは、主なあらすじを紹介しつつ、途中からネタバレも含みますので、結末を知りたくない方は、ネタバレ部分はパスして続きをお読みください。

1988年7月16日、関東地方で「新型爆弾」が爆発し、第三次世界大戦が勃発した。
それから31年後の2019年、新首都となる「ネオ東京」では、反政府ゲリラと軍(アーミー)との衝突が続いていた。
不良少年である金田は、山形や甲斐、鉄雄といった仲間と一緒に、オートバイに乗って暴走に明け暮れる毎日を送っていた。
ある日、いつものように暴走する中、鉄雄とタカシが喧嘩をはじめたことによって警察に捕ってしまい、金田は留置所で出会ったケイに一目惚れする。

一方、事故がきっかけで自分の能力に目覚めた鉄雄は、同時に自我を肥大化させ、病院から脱走する。
そして、怒りに任せて力を振るうようになっていく。
金田はケイと軍のラボに潜入して鉄雄を救おうとするのだが、暴走した鉄雄によって山形たちが殺されたことにより、鉄雄と対決することを決意する。
仲間だった鉄雄と対決することになった金田はどう立ち向かっていくのか、そして、その結果どうなるのか?!

AKIRAはYouTubeなどの無料動画サイトで視聴できるの?

今やDVDをレンタルしに行かなくても、最新の映画ですらフル動画がサイトにアップされていることは多々あります。
ですから、「AKIRAのフル動画もきっとアップされているだろう」と、考える方もいるでしょう。
では、YouTubeなどにAKIRAのフル動画はアップされているのでしょうか。

2020年3月現在、YouTubeではAKIRAのフル動画がアップされています。
ということで、早速YouTubeでチェックするのはちょっと待ってください。
また、YouTube以外にもdailymotionやPandora、さらには9TSUなどの日本の映画やドラマも幅広く扱っている無料動画サイトがあることはあなたもご存知でしょうから、YouTubeよりもそちら方が好きだという方は、これらのサイトを検索するでしょうし、またAKIRAのフル動画があるかもしれません。
しかし、たとえこういったサイトに湯を沸かすほどの熱い愛のフル動画がアップされていたとしても視聴自体はその時点で可能かもしれませんが、これは近日中に削除される可能性が高いのです。
また、こういった無料動画サイトにAKIRAのフル動画がアップされていたとしても、視聴することは決しておすすめしませんし、絶対に見ないでください。
なぜならこういったフル動画は違法にアップされた動画だから
です。
つまり、今現在。YouTubeにアップされているものも違法ということなのです。
他人が所有権を持っている動画を許可なくアップしていることになりますから、そういった動画を視聴するということももちろん、間接的な違法行為となります。
動画を視聴する上でも当然ながらマナーはありますので、モラルに反するようなことはやめましょう。
また、こういった動画に出てくる偽の広告からディバイスがウイルスに感染してしまう恐れもあり、個人情報が漏洩する可能性も高くなりますので、視聴者側のリスクが大きすぎます(何度も視聴したことがあるのであれば、そのリスクはかなり高まります)。
ですので、絶対にこういった無料動画配信サイトを使ってのフル動画の視聴はやめてください。
ちなみに、YouTubeでは有料で映画がレンタル、もしくは購入できることがあるのですが、AKIRAの場合、今現在レンタルも購入も行っていません。

YouTubeに有料動画がアップされていれば、AKIRAのフル動画も安全で視聴することができるのですが、今現在それはできません。
「だったら、やっぱりAKIRAはDVDをレンタルしなければいけないってこと?でも、だいぶ前の作品だからもう扱っていなさそうだし、面倒だな」と、思われた方、そんなことはありません。
別の方法があるのです。

それでは、AKIRAが視聴できる動画配信サービスについて次項でご紹介していきますね

AKIRAはどの動画配信サービスで視聴できるの?

AKIRAのフル動画は、いくら無料動画サイトにアップされていても、視聴するのには危険性があるということがわかっていただけましたよね。
DVDをレンタルできるかわからないと不安な方のために、そして、もっと手軽にAKIRAを見たい方にもおすすめなのが動画配信サービスです。
今現在、AKIRAを配信している動画配信サービスはどこなのか見ていきましょう。

動画配信サービス名月額料金レンタル料金
U-NEXT1,990円330円
Amazonプライム500円x
TSUTAYATV933円~300円
music.jp550円~x
ビデオマーケット980円x
dTV500円x
hulu933円x
楽天TV302円~330円
FODプレミアム888円x

※上記は2020年3月現在の配信状況となっていますので、予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
※いずれも上記の月額料金は税別価格(税込表記がないもの以外)となっており、Amazonプライムビデオに関しては別途年会費として4,900円(税込)がかかります。
※レンタル料金はいずれも税別となっています。

「どこも見放題にAKIRAを含んでいる動画配信サービスはないんだな…ていうか、あんまり配信状況も良くないな」と、思われたのではないでしょうか。
でも、安心してください、これからもっとお得に動画配信サービスを使って「AKIRA」を視聴する方法をお教えしましょう。

ここで注目するべき動画配信サービスは、U-NEXTと楽天TVなんです!
それでは、それぞれのサービスの特徴についてまずは見ていきましょう
U-NEXTの特徴
月額料金1,990円(税別)
収録作品数15万本以上
ポイント毎月1,200ポイント付与(初回600ポイント付与)
無料トライアル期間31日間
視聴可能なもの映画、ドラマ、バラエティ、音楽、マンガなど
ダウンロードの可否可能
1アカウントの登録数1アカウントに対して4つのディバイスで登録が可能
収録作品数もたっぷり15万本以上、しかも、ジャンルも幅広く扱っているのがU-NEXTはいいんですよね
楽天TVの特徴
月額料金2,149円(税込)
収録作品数18万本以上(4万本が見放題!)
ポイント毎月1,200ポイント付与(初回600ポイント付与)
無料トライアル期間31日間
視聴可能なもの映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど
ダウンロードの可否可能
1アカウントの登録数1アカウントに対して複数のディバイスで登録が可能
楽天TVもU-NEXTと似たような内容になっていますよね!うん、これは甲乙つけがたい!

共通して言えることは、U-NEXTも楽天TVもどちらも31日間の無料トライアルと新規登録するだけで600ポイントがもらえるということなのです。
ということで、どちらを使っても、AKIRAの視聴料金は今現在330円となっていますから、この600ポイントを使ってAKIRAを無料視聴することができるのです。
ですから、AKIRAだけを視聴して、動画配信サービスを利用するのはそれでおしまいにしたいという方は、どちらか好きな方を利用していただけたらと思います。

しかし、やはり、動画配信サービスを利用するのであれば、この機会に見たいと思っている作品をできるだけお得に視聴できたらラッキーだなと思いませんか。
楽天TVとU-NEXTは、1番気になる月額料金もほとんど一緒ですし、新規登録するだけで600ポイントがもらえ、本会員になっても毎月1,200ポイントがもらえるので、どちらを使っても損はしないのですが、1つ異なる点があります。
それはどこかというと…収録作品数と見放題作品の数なのです。

動画配信サービス名収録作品数見放題作品数
U-NEXT15万本以上9万本以上
楽天TV18万本以上4万本以上

有料コンテンツを含めた収録作品数は、楽天TVは着々と本数を増やし、2020年現在18万本以上の作品があります。
逆にU-NEXTは楽天TVにやや劣る15万本以上(といっても、他の動画配信サービスと比較しても多いのですが)となっています。
しかし、追加料金を支払うことなくみられる見放題作品は圧倒的にU-NEXTの方が多く、楽天は、アダルト系やキッズ系など、様々なジャンルの動画がU-NEXT以上に充実しているのですが、追加料金を支払う必要があるフル動画が多いということが言えるのです。

そして、もう1つ実は大きな違いがあるのです

楽天と言えば、様々なジャンルのものを扱っていますよね(インターネット通販をはじめとし、旅行やネット証券、モバイルなど)。
楽天ブックスというものもあり、ここでは本の販売をインターネット上で行っています。
しかし、それは本の「実物」を購入し、配送してもらう、いわばAmazonのようなものであり、電子書籍ではありません。
U-NEXTの場合、マンガや雑誌、そして、晶析を電子書籍として提供しているので、本そのものは不要だという方には、U-NEXTが断然おすすめです。

ただし、楽天TVを利用すると、当然楽天ポイントがつきますし、楽天ポイントで有料コンテンツを購入することもできるので、楽天ヘビーユーザーには押さえておいていただきたいポイントです

結果として、どちらもおすすめなのですが、楽天を頻繁に利用される方は楽天TV を、フル動画だけでなく、マンガや小説などの本も一緒に手軽に利用したいという方にはU-NEXTをおすすめします。

どちらも無料トライアルは31日間で、期限内にそれを解約した時点で無料トライアルは終わるので、できるだけギリギリまで利用することをおすすめします。もちろん、本会員になってもお得なので、まずはそれぞれを比較してみてくださいね

AKIRAはU-NEXTか楽天TVなら無料視聴できてお得!

1988年のアニメーション映画である「AKIRA」ですから、やはり、扱っている動画配信サービスも限られてきます。
ですが、U-NEXTと楽天TVは扱っており、しかも、新規登録するだけで600ポイントがどちらもついてくるので、それを使えばAKIRAを無料視聴することができるのです。
どちらも、本会員になっても毎月1,200ポイントついたり、豊富なジャンルの動画がたくさん収録されているので、継続利用しても十分に楽しんでいただけます。
まずはAKIRAを無料視聴していただき、各動画配信サービスの良さを確かめてくださいね。

お得な映画見放題は「U-NEXT」
U-NEXT

配信数16万本以上はVODトップクラス!!31日間無料!いつでも解約できます。
最新映画 / 名作映画 / 大ヒット映画 / 話題映画 / 映画公開関連なんでも揃ってるのはU-NEXTだけ!

簡単2ステップ

まずは見てみる ≫

いつでも解約可能
こちらも人気☆